アオバズクをまた探しに

今頃の時期には、母鳥が樹洞から出て、夫婦そろってヒナの巣立ちを見守っていた。その記憶を頼りに、またアオバズクが毎年来ていた大樹に行ってみた。

 

 

しかし結果は、前回と同じだった。草むらの中には、大砲を構えるカメラマンたちの足あとはなく、樹を見上げてもアオバズクの姿はなかった。

 

この何年もの間、いやもう十年以上になるかもしれない、毎年のようにアオバズクの姿を撮影してきたのに、今年はどうして来なかったのだろうか。カメラマンが増えすぎたせいだろうか。かなり前のことになるが、何年かの間ここに来ない時期もあったが、その後再びやってくるようになった…ということは聞いたことはある。またしばらく来ないのだろうか。

 

 

2021年07月10日