昨日の花の名

昨日ここに載せた花の名前を、夫人が調べてくれた。

 

 ↑

これは「ツルニチニチソウ」

 

 ↑

これは「ハルジオン」。よく似た花に「ヒメジョオン」があるが、違いは微妙な点にあるという。花を構成する花びらの幅が細い方が「ハルジオン」ということだ。この写真の花は、細い花びらが密集しているから、「ハルジオン」なのだろう。

 

なおウィキペディアによれば、『一部の地域では「貧乏草」と呼ばれ、「折ったり、摘んだりすると貧乏になってしまう」と言われている』そうだ。

 

 ↑

これは「桐の花」

 

「桐の花」といえば、思い出されてくるのは北原白秋の第一歌集「桐の花」、そして「桐の花事件」。歌集のことは知っていたが、野生の桐の花を見たのは初めてのことだった。

 

 ↑

これは「ホオノキ」の花。この木の大きな葉っぱに、味噌などをのせて焼けば、「朴葉味噌」となる。飛騨高山地方の郷土料理(ウィキペディア)ということだ。

 

 

2021年05月02日