里ふくろう草紙 新着記事

サンセットヒルズ下印旛沼のほとり

サギを撮影したあと、少し遠回りになるけれど、ふるさと広場を経由して帰ることにした。そのルートを辿ってふるさと広場に向かったのだが、竜神橋を渡る手前でコースを変えてサンセットヒルズ方面へと車を進めた。

 

ふるさと広場からサンセットヒルズを見渡すことはできるが、印旛沼を挟んだ対岸にあるその丘の麓にはまだ行ったことがなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年05月20日

フクロウがダメならサギを撮ろう

今日もフクロウ探しに行ってみたけれど、やはりフクロウもカメラマンの姿は見えなかった。

 

今の季節はナギの仲間が、例年子育てをしている時期だ。フクロウはあきらめて、サギを撮影することにした。

 

ダイサギ…繁殖期に眼から嘴までの部分が緑色になる

 

 

 

アオサギ…羽根が灰色

 

 

 

2022年05月19日

今日は満月フラワームーンだけれど

予報が外れることを願っていたが、予報通りの雨模様の一日だった。満月を撮ることができなかったのは、今年に入ってこれで二回目、3月にも撮影できなかった。

 

天気予報では、先週の土曜日の午後、一時的に日が差す時間帯があるということだったので、徒労に終わったふくろう探しのあと、ふるさと広場に立ち寄ったのだった。

 

月の出は16時27分、森の上に姿を現すのは、それからほぼ15分後のことだろう。空を見上げれば、雲の合間に青空がのぞいてはいるが、地上に近づくに従って雲が厚くなっている。この状態では、月の出を撮影するのは厳しいかもしれない。それでも一縷の望みを抱きながら、三脚を据えてその時を待っていた。

 

 

 

 

 

一時間ほど待ち続けたが、結局満月が姿を現すことはなかった。

 

2022年05月16日

今日もフクロウさがして…

今年は天候不順で雨の日が多い。天気予報によれば、午後には陽が差す時間帯があるということだったので、今日こそはと意気込んで出かけてみたのだった。

 

予報通り青空が見えて期待が膨らんだが、残念ながらまたしても徒労に終わってしまった。出会えたのは猫のみ。

 

 

フクロウのヒナの撮影に成功したのは、去年の今日、5月14日のことだった。今日は撮影できなかったので、去年の写真を載せておくことにする。

 

 

 

2022年05月14日

陸にあがった白鳥(2)

【コブちゃん草を食む】

(30秒)

 

 

 

 

 

【コブちゃん眠りにつく】

 

 

 

2022年05月12日
» 続きを読む