里ふくろう草紙 新着記事

村松農園でトマトのもぎとり

かなり昔のことになるけれど、このあたりに来た時に、農家さんが直売していたトマトをたまたま買い求めたことがあったが、もうその時の記憶も薄れてしまった。

 

先日サンセットヒルズの夜景を見に行った時に、夫人がそのトマトのことを思い出して、

それが「とてもおいしかった」と言って、

トマトのおいしさだけは、はっきりと記憶に刻まれているようだった。味の記憶というものは、特別はっきりと残るのだろうか。

 

今日は穏やかな天気に恵まれて絶好の外出日和、スーパーへの買い出しに行く前にちょっと足を伸ばして、またサンセットヒルズに行ってみた。

 

農園のビニールハウスの前に車を駐めて、中をのぞき込んでいると、生産者の人が声を掛けてきてくれた。おいしくなる時期としてはまだ少し早いけれど、もぎ取りのできるトマトもあるというので、ハサミとカゴを借りてハウスの中に入ってみた。

 

 

良く熟した大小合わせて10個ほどのトマトをカゴの中に入れ、量ってもらったところ、500円だった。家に帰り、小さなものをまるごと食してみたところ、生産者の人はまだ時期が早いからどうかなと言っていたが、十分おいしかった。

 

 

Facebook

[トマトもぎとり 村松農園」

 

 

2023年01月20日

印旛沼サンセットヒルズ

佐倉市の「印旛沼サンセットヒルズ」では、その名の通り夕陽が次第に姿を隠していく様子を正面に眺めることができた。そして陽が落ちると、マジックアワーが訪れてきた。

 

 

遠くには、富士山がシルエットになって浮かび上がってきた。

 

 

 

[佐倉幸せの鐘]

 

 

2023年01月08日

陽が落ちて満月昇る

今回はオランダ風車や印旛沼を見下ろす少し小高い場所で撮影した。

 

 

 

今日の日没は16時42分、月の出も16時42分。つまり、日が沈むと同時に月が出てくるのだ、ただし実際に月が見えるのはその時刻より少しあとになるけれど。

 

 

 

 

2023年01月07日

月と火星のツーショット

3日夕方から4日未明かけて、「月と火星」が大接近するということなので、三脚を立てて暗くなるのを待った。いくら火星が明るいといっても、日が落ちで暗くならないと見ることはできない。

 

月の出:13時37分

日の入り:16時39分

 

[18:15]

 

もっと近くに見えるだろうと想像していたが、意外と離れていた。写真で見ると、月と火星は距離にして、月10個分ほど離れているように見える。地球は月4個分弱の大きさだから、地球3個分ほど離れていることになる。こう考えると、かなり近いと言えるような気もしてくる。

 

[21:08]

 

 

[満月まであと五日]

 

 

2023年01月03日

初富士山

初詣のあとはふるさと広場へ。

今年初めてのふるさと広場は雲一つない青空、半月を過ぎて少しふくらんだ白い月が浮かんでいた。

 

 

 

日が沈み夕焼けがよりいっそう鮮やかになると、富士山がシルエットとなって浮かび上がってきた。ふるさと広場で富士山を見るのは、この時が初めてだった。

 

 

2023年01月01日
» 続きを読む