パリの街めぐり_ノートルダム大聖堂まで

フランスの外出禁止制限は、現在のところ夜間の夜9時〜朝6時、従って日中の外出には制限がない。地方内・地方間移動も解禁されているから、日中なら街中へ出歩くことも可能ということだ。

 

新型コロナ流行前に外国人観光客で賑わっていたパリの街は、コロナ禍ではどんな様子なのだろうか。時間はちょっと遡るが、あの「ひろゆき, hiroyuki」氏が、コロナ禍のパリの街を歩いた時の動画をYouTubeに載せていた。

 

ノートルダム寺院を目指すよ。

 

2021/02/16 にライブ配信されたものだが、その日の新規感染者数は19,374人(Googleニュース)だった。この時期は、厳しい外出制限(ロックダウン)は行っていないが、18時からの夜間外出禁止は継続となっていた。この動画は、ただ単に歩きながら街の様子を撮影しただけではあるが、コロナ禍にあるパリの街の一端を見せてくれている。

 

2009年のパリは、観光客であふれていた。パリ14区にあるホテルから地下鉄を利用してノートルダム大聖堂まで行った際、その道すがら撮影した写真を、以下にまとめてみた。既出のパリの写真と、一部重複しています。

 

地下鉄 → CITE駅 → 裁判所 → リュテス通り → プティ・ボン橋  → ノートルダム大聖堂

 

 

パリの街中では自動販売機は見かけなかったが(盗難対策のようだ)、駅の構内には設置されていた。コインを投入して飲み物を購入してみようとしたが、ボタンを押しても反応はなく、結局コインが戻ってくることはなかった。駅員と同じように、愛想のなさを感じてしまうような自販機だったから、あまり期待はしていなかったが、ほんとうに買えるんだろうか。

 

 

 

2021年05月30日