オー・シャンゼリゼの「オー」について

ある時まで、オー・シャンゼリゼの「オー」は感嘆詞の「オー」だと思っていた。ところがそうではなかった、フランス語をちょっとかじったことがある人なら、そんな間違いはたぶんしないと思うが…

 

フランス旅行から帰って、また写真を撮りにフランスに行くことがあるかもしれない、その時のためにフランス語の勉強をしておこう、そんなふうに思い立って、エクステンションスクールのフランス語講座を受講したことがあった。

 

その時教えてくれたのが、ある大学のフランス語の先生だった。前期・後期と通ったのに、ちょっとした日常会話さえ身につかなかった。毎回、学生に教えているような文法の授業ばかりだったのだ。そういう授業でも、雑談風に話してくれたことが、よくあるように記憶に残っているものだ。

 

そんな雑談の中で覚えているのが、オー・シャンゼリゼの「オー」についての話だった。先生曰く、日本語の歌詞を聴いていると、「オー」は感嘆詞だと思ってしまいがちではあるが、そうではないと。

 

日本語バージョンのオー・シャンゼリゼ

 

オー・シャンゼリゼをフランス語で表記すると、

 Aux Champs-Élysées

となって、オーに当たる言葉は「Aux」である。

それでは「Aux」とは何ぞや?

それは前置詞と定冠詞の縮約形で、

 à + les → aux

という具合に変化する。

「à」は場所を示す前置詞、「les」は定冠詞の複数形。

 

そうでした、定冠詞は、男性名詞につく場合は「le」、女性名詞は「la」、複数の場合は「les」でした。「ル・ラ・レ」「ル・ラ・レ」と一生懸命暗記しました。それにしても、シャンセリゼはなぜ複数になるのか、今さらながら疑問に思うのでした。

 

ともかく「オー」は「aux」で、「シャンセリゼにて」とか「シャンセリゼに(行こう)という意味になるということです。

 

今回シャンセリゼのことを書くために、いろいろな動画を観た。ダニエル・ビダルは日本人と結婚して10年以上日本で暮らしたことがあることなども、何十年間かの時を経て初めて知った次第である。だからってどうってことないですけどね。

 

〜親日派のスタアたち〜 Daniele Vidal 編

 

里ふくろうコムのスピンオフのサイトとして、新たに「里ふくろうウェブマーク」開設してみました。主としてYouTubeなどの動画サイトにアップされている動画を、あるテーマにそってまとめたサイトです。

 

まず手始めに、ダニエル・ビダルの日本でヒットした曲をまとめてみました。興味のある方はそちらをご覧ください。このページの左サイドバーの上の方に「里ふくろうウェブマーク」というリンクボタンをを設けてあります。

 

 直リンクはこちら

 

2021年03月21日